痛みとの付き合い方

痛みとの付き合い方について少しだけ書いてみたいと思います。私が普段教えている方のなかには背中が痛いからソマティクスやるんだけど夜になるとまたすぐ痛みは戻ってくる・・・とちょっと不満気に言う人もいます。やった時はいい感じになるのだけど・・・ということでしょうね。

(・_・D フムフム

これには色々な理由が考えられます。ソマティクスは使った筋肉を収縮させたままにせずリセットすることが目的なので、まずは毎日続けることが大切です。痛い時だけソマティクスやるとか、一旦楽になってもすぐに痛みが戻ってくるから結局はやらなくなる・・・というパターンは避けたいです。慢性的であればあれるほど解消するのに時間がかかることもあります。焦らずに、長い目でみることも必要です。

次に、身体の使い方に問題があることもあります。和らげても、いつもと同じ身体の使い方をしているとやっぱり同じ所が痛くなります。これは、立ち方、歩き方を含めて、少しずつ、自分の無意識にやっていることに気づきながら、修正していかなくてはなりません。ソマティクスのレッスンでは立ち方座り方などで姿勢の修正を行っているので、こちらはレッスンを受けるもの効果的です。結局は自分の内側の感覚を使って修正することになるので、普段の意識の仕方を練習することになりますが。毎日のエクササイズと普段の身体の使い方に意識を向けつつ、少しずつ、自分の身体を調えていき、筋肉がリセットされると痛みも解消されていくはず。

ソマティック・エクササイズを覚える最大の利点は、痛みのあるところをたとえ一時的にでも、自分でなんとかすることができる点です。痛みはすぐには消えなくても少しでも楽になる動かし方を知っている。痛みを痛いまま放置しなくていいのです‼そして・・・痛みが消えたらソマティクスやめる・・・じゃなくて、コツコツと続けることで、今度は痛くならない身体をつくっていくのが理想です!

是非、ソマティック・エクササイズの継続を!

Masako Hirasawaについて

日本で唯一人の公認ハンナ・ソマティック・エデュケーター。臨床心理士、公認心理士。心と身体とスピリットをひとつにすることを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

thirteen − four =