雪かきの後には広背筋ムーブメント

今日は、背中を楽にする簡単な方法をお伝えします。
雪かきのせいで背中を痛めてしまった私。
でも、ソマティクスの広背筋ムーブメントで一気に楽になりました。


雪かき、舟漕ぎ、薪割りのような動きは
(普通あんまりしないね笑)
広背筋を使います。


広背筋は背中から上腕骨につながる筋肉です。


雪かきの後に
脇が痛いなと感じたら
それは広背筋かもしれません。


そんな時、このムーブメントでスッキリします!


①仰向けになり
両腕を天井に向かって伸ばし
親指と親指を重ねるようにして手を合わせます。



②ゆっくりと、頭の後ろに向かって、肘を曲げずに両腕を下ろします。
脇が伸びますが、伸ばしすぎないよう気を付けてください。
伸ばさずに、自然に止まるところまで下ろしてください。


③腕を上げて元に位置に戻したら、もう一度、ゆっくりと②を繰り返します。


動きがわかったら、方向を変えてみましょう。


①両腕を天井に向かって伸ばし
親指と親指を重ねるようにして手を合わせます。

②ゆっくりと、肘を曲げないで、頭の右側に向かって両腕を下ろします。
顔も右に向けます。

③腕を戻したら、今度は、頭の左側に向かって両腕を下ろします。
顔も左に向けます。


下半身の動きも付け加えまてみましょう。

①仰向けになり、両膝を立てます。

両腕を天井に向かって伸ばし
親指と親指を重ねるようにして手を合わせます。

②ゆっくりと、肘を曲げないで、頭の右側に両腕を下ろしたら、
両膝は左にたおしてください。

③戻ってきたら、今度は左側に両腕を下ろし、
両膝は右に倒してください。

④戻ってきたら、②と③を交互に繰り返します。


是非、お試しを。背中も腕も楽になります!

Masako Hirasawaについて

日本で唯一人の公認ハンナ・ソマティック・エデュケーター。臨床心理士、公認心理士。心と身体とスピリットをひとつにすることを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

eleven + 5 =