ソマ(Soma)とは

ソマ(Soma)とはギリシャ語で生きている身体(Living Body)、ハンナ・ソマティクスの創始者である米国の身体学者トーマス・ハンナ博士は、ソマを「内側から体験する身体 (The Body Experienced from the Within)」と定義しました。

つまり、私たちの身体はソマと言えます。ソマとは、常に変化する流動体であり、肉体としての身体だけでなく、心や魂も含めた全体としての存在です。

そして、このようなソマを扱うボディワークを「ソマティクス」と、トーマス・ハンナ博士が名付けました。1960年代のことです。ソマティックという形容詞にsを付けることで名詞化し、また、ひとつの療法だけでなく、たくさんのメソッドがあることを意味しています。

Masako Hirasawaについて

日本で唯一人の公認ハンナ・ソマティック・エデュケーター。臨床心理士、公認心理士。心と身体とスピリットをひとつにすることを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2 × one =