80代後半母のソマティクス近況

先日久しぶりに実家に行って母の様子を見てきました。半年振りだったのでどうなってるかなぁと心配して行ったのですが、前より元気になってました!

私が着くなり、いつものソマティクスを間違ってないかどうか見て欲しいと言うので早速やってもらいました。

母は80代後半、ちょうどコロナの年からソマティクスの特訓(!)を受け始め、それ以来、毎日欠かさず続けているのです。あれから4年も経ちました。これまでも実家に行く度に母の進歩に驚かされましたが、今回も!

雪が解けてからウォーキングポール使って毎日歩く練習もしているそうですが、最近歩き方が変わったような気がすると言い、近所の人からも随分歩けるようになったねぇと言われるのだとか。

確かに!

歩き方はかなり安定し、前よりもしっかりと、しかも足早に歩いていました。4年前までは杖が必要だったのに!

母にいつものソマティクスを見せてもらうと、基本の動き以外に、これまで教えてきた数々のムーブメントを上手に取り入れ、自分専用のプログラムを作り出していました(笑)。

ひとつひとつの動きも意識しながらスムーズに動けるようになっていて、一見、80代後半の動きとは思えないほどでした。これほと長期に渡って毎日欠かさずソマティクスを続けている人の動きの変化を見ることはそうないので、ああ、こんなにも変わるんだ!と驚きました。正直、2年前の状態で十分に良かったので、その先があるとは想像していませんでした。人間の身体って無限ですね!去年までもうできないと言っていた庭仕事も今年は再開するようです。

衰えていた筋肉がリセットされ元通りになると、気力も活力も湧いてきて、まさに若返るかのように元気になると、黄色い本「ソマティクス」にありますが、それは真実のようです。

コツコツとソマティクスを続けてくれている方の、励みになることを願って。

Masako Hirasawaについて

日本で唯一人の公認ハンナ・ソマティック・エデュケーター。臨床心理士、公認心理士。心と身体とスピリットをひとつにすることを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five × 2 =