ハンナ・ソマティクスとは

ハンナ・ソマティクスは、またの名をハンナ・ソマティック・エデュケーションと言い、慢性的な身体の痛みや凝りをほぐし、自分の力でリラックスした身体を取り戻し、維持するためにはどうすればよいか、その方法を教えます。アメリカの身体学者トーマス・ハンナ博士が、フェルデンクライスメソッドから発展させました。

トーマス・ハンナ博士が考案したハンナ・ソマティクスのムーブメントは、痛みや凝りのある、硬くなった筋肉を、一旦収縮させてから、意識しながら、ゆっくりと緩めていきます。このやり方は「パンディキュレーション」と呼ばれます。

パンディキュレーションは、猫や犬などの動物が、寝起きにする伸びのことです。動物は、寝ている間に縮まった筋肉を、一旦収縮させてからリラックスさせることで、感覚運動神経を呼び覚まし、筋肉の柔軟性を維持します。

私たちが感じ、動かす筋肉もまた、感覚運動神経に制御されています。ハンナ・ソマティクスでは、筋肉を制御する脳をリセットすることで、筋緊張を調え、筋肉を自然な長さに戻します(リラクゼーション)。その効果は長続きし、エクササイズを続けることで、リラクゼーションを維持することが出来るようになります。

ハンナ・ソマティクスのエクササイズは、ゆっくりと、無理をしないで動くので、通常のストレッチや筋トレとは違います。頑張ったり、力んだり、痛みをこらえて無理する必要はありません。回数が多ければ良いわけでもありません。むしろその逆で、決して頑張らず、力まず、楽に動ける範囲で動くことが大切です。「頑張れば頑張るほど効果的」「痛い方が気持ちがいい」と長い間信じてきた私たちには、ソマティック・エクササイズは慣れない動きかもしれませんが、「心地よく動くこと」をセルフトレーニングするうちに、不思議と自分の生き方も「心地良い方向へ」変化していきます。

Masako Hirasawaについて

日本で唯一人の公認ハンナ・ソマティック・エデュケーター。臨床心理士、公認心理士。心と身体とスピリットをひとつにすることを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

11 − 2 =